2015年03月28日

2010年12月11日

緑花カントウカンアオイ「亀甲模様"緑花"」

kantoumidori.JPG◎カントウカンアオイの亀甲模様葉"緑花"です。
posted by 驚庵 at 14:59 | TrackBack(0) | カントウカンアオイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

タイリンアオイ「鳳凰銅」

hououdou.JPGhououdou12-15.JPGhououdou12-30.JPGhououdou3.JPG

◎タイリンアオイの銅色葉「鳳凰銅」の11月末~12月15日~12月30日~1月15日の葉色ですが極寒期には銅版色を魅せる珍品です。
タグ:鳳凰銅
posted by 驚庵 at 11:34 | TrackBack(0) | タイリンアオイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

サイシン「吉祥天」

kissyouten.JPG◎サイシンの吉祥天です。本種のデビューは昭和の終わり頃と云われサイシンとしては新しい品種です。
タグ:吉祥天
posted by 驚庵 at 10:53 | TrackBack(0) | サイシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

カントウカンアオイ「亀甲模様葉"大黒花"」

kantokikkoukuro.jpg◎カントウカンアオイの亀甲模様葉"大(径約3a)黒花"です。
posted by 驚庵 at 09:15 | TrackBack(0) | カントウカンアオイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

タマノカンアオイ「昇紅」

syokou.JPG◎タマノカンアオイの名品"昇紅"です。
タグ:昇紅
posted by 驚庵 at 14:51 | TrackBack(0) | タマノカンアオイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

ヒメカンアオイ「銀姫」

ginhime11.JPGginhime12.JPG◎ヒメカンアオイの銀姫です。葉表の銀地に紺霰斑を散し葉裏は濃い紫紅を表す独特の芸を魅せます。
タグ:銀姫
posted by 驚庵 at 10:04 | TrackBack(0) | ヒメカンアオイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

タマノカンアオイ「多摩の幻」

tamanomaborosi.JPG◎タマノカンアオイの名品白亀甲模様葉の"多摩の幻"です。
タグ:多摩の幻
posted by 驚庵 at 15:00 | TrackBack(0) | タマノカンアオイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

カントウカンアオイ矢筈葉「八重咲き」

kantoyahazuyae.JPG◎カントウカンアオイ矢筈模様葉で「八重」の花が咲く葉模様が特徴的な多芸品です。
posted by 驚庵 at 11:09 | TrackBack(0) | 変り花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

タイリンアオイ覆輪花

tairinfukurin.JPG◎大分県日田周辺で採取したと云うタイリンアオイの「覆輪花」です。葉も良く見ると糸覆輪が感じる様です。
posted by 驚庵 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | タイリンアオイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

四万十の斑

kintyakufu.JPG◎一昨年四万十川流域で採取したとの事で、入手時淡い地色に僅かな白斑点に夢を託して求めたものが画像の様な立派な斑入りに出世しました。
タグ:四万十川
posted by 驚庵 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | キンチャクアオイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

手作り「親水鉢」作り方(カンアオイ&山野草)

hatizoko.JPG◎カンアオイの腰水栽培は単純に植木鉢を水盤に直に浸すノミでは、全てのカンアオイを上手く作る事は難しく、ロング鉢&用土等も色々試して見たが用土が直接水に触れる限り、表面張力の壁で過水感は避け難く 諸情報も参考に永年試行錯誤を繰り返していた最中、左画像の様な理想的 半球面体底のプラ鉢と出会ったのが 過水を克服出来る半球面排水と毛細管吸水との組み合わせにより新しい腰水栽培方法を確立し、同時に用土量もロング鉢等に比べ約半量で済む上 水切れに弱い"山野草"も良好な栽培結果を得られるのが 手作り「親水鉢」です。
※※手作り"親水鉢"を使用する際の注意点として、良好な栽培環境を維持するには親水鉢の底面が"水面に触れない"事と水盤内の"渇水"(水切れ)に注意する事がポイントです。(給水・施肥&投薬等は全て水盤内に行います。)※※

 弊棚の水遣りは水盤に、成長期で4~7日・休眠期で15~30日前後で済んでいます。(棚・気象環境で乾湿が変わるので注意)
(カンアオイの作環境は、無加温ガラス温室(10坪)内50~70%屋根面遮光(右下画像)の'富貴蘭'棚下の全(約500鉢)カンアオイを'親水鉢'に順次植え替えを昨年末で完了し栽培中の一部映像です。)

 ※ カンアオイの栽培用土は、鉢底より3/1は中粒 硬質鹿沼土、残り3/2を小粒 鹿沼土&小粒 赤玉土を等量混合して用い、植え込み終了時は充分に水を通してミジン(微粉土)を洗い流すと同時に毛細管吸水糸を充分に濡らして水盤に置きます。
 わーい(嬉しい顔)お求めは「ヤフーオークション」で4.0号鉢5組+水盤セット2,000円(下左画像[植物含まず])
   ・4.5号鉢4組+水盤セット1,900円(下中画像)で出品中です。

るんるん一個単位で親水鉢のお求めは「ココ」をクリックしてご覧下さい。
kosimizu2.jpg4.5gou.JPGtanasita.JPG
◎時間に余裕があり器用な方は簡単に自作も可能です。下記画像を参考に挑戦して見て下さい。
(切断中ケガにご注意下さい。)kosimizu1.JPG
posted by 驚庵 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

青軸・羅紗地'鶉斑'潤み花

suntorasya.JPG
suntorasya1.JPG
◎スントウカンアオイの青軸で羅紗地(絹地合い)で鶉斑模様は葉毎違い花は可愛らしい潤み花です。花色は薄緑に桃色です
タグ:鶉斑
posted by 驚庵 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スントウカンアオイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

緑花'銀地葉'鶉斑

midoriuzura.JPG◎カントウカンアオイで「緑花」が咲き銀地葉に鶉斑を魅せる多芸品です。
posted by 驚庵 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カントウカンアオイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

曙斑の根吹きが大変身!!

akebono4.JPGタイリンアオイ「曙斑」を求めた時外して置いたバックに全く別物が出て来ました。がく〜(落胆した顔)わーい(嬉しい顔)
タグ:
posted by 驚庵 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

昔々の参考資料

mitouroku.JPG◎平成三年当時未登録品種を掲載していた資料を発見・最近の名鑑等参考資料の手持ちも無く現在は既に登録名品になっている事でしょう???。
posted by 驚庵 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サイシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

白蝶

sirochou1.JPG◎白蝶の花がこれ程にカワユイとは思わなかった。サイシンを愛でる時は何時も葉模様ばかり気に掛けていた。
タグ:サイシン
posted by 驚庵 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サイシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

棚一番の出世頭(紫皇帝?)

fujino.JPG◎今年一番の出世頭は画像のオオフジノカンアオイです。
posted by 驚庵 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

四万十産の変わり花(サンヨウアオイ)

simantokawari.JPG◎四万十川周辺産の花変わりで求めたのですが、咲いて見ると画像の通り弁先が丸くフリル?状に咲きました。(サンヨウアオイは弁先が尖る)
タグ:カンアオイ
posted by 驚庵 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 変り花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

サツマアオイ「銀亀甲」+赤花??

ginkittko.JPG◎植え替え真っ盛り、普段目に留らなかったものが突然素晴らしく見えたりする。わーい(嬉しい顔)
 画像の「亀甲斑」も「銀亀甲」にわーい(嬉しい顔)花も普通花に比べると赤花に見えるのは贔屓化かも・・・・・ふらふら
posted by 驚庵 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | タイリンアオイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。